お知らせ

2017/07/12

インビザライン

最近インビザラインによる矯正治療について質問を受けることが多くなってきました。インビザライン矯正治療はマウスピースをはめて矯正治療を行う方法で、アメリカに本部があるアライン社という会社がマウスピースを作製し、そのマウスピースを使用して矯正治療を行う治療をインビザライン矯正治療といいます。日本の各会社もそれと同様なものを作製しており各種学会で発表されています。  インビザライン矯正治療の特徴は、マウスピース方矯正治療で症例数が一番多く、信頼性が高い点があげられます。反面治療費が割高であることが欠点としてあげられます。しかし、症例数が多く、毎年のようにマウスピースの改良が加えられ、より効果的に歯が移動できるように研究が一番進んでいます。 アメリカにおいては、矯正治療の半数がマウスピースによる矯正治療により占められているというデータもあり日本においても東京等の大都市部において急速に普及してきています。  川畑・平井歯科クリニックでも東京のリボン歯科・矯正歯科グループと提携してインビザライン矯正治療を行っています。毎月東京にてリボングループのインビザライン症例検討会やバイオデジタル矯正セミナーが開催され、新しい知見を得て治療を行っております。

2017/06/23

歯科医療関係者の皆様へ

6月17.18と京都市の出町トラスト歯科・矯正歯科でTFODセミナーが開催され、講義を行ってきました。TFODセミナーは今年から、土曜の午後と日曜日に開催されることとなりました。矯正治療においては、診断項目が多数あり、それぞれ正確な資料収集が欠かせません。今回のセミナーでは私は模型分析の方法についてお話させて頂きました。今年受講して頂いた先生は、静岡、愛知、滋賀、京都、奈良、岐阜の各地からお集まり頂きました。どの先生方もとても熱心に受講されて折られました。講義終了後、医療法人創成会理事長の山本敦之先生や中井歯科の中井先生、だいき歯科の加藤先生と症例検討会を行い、活発な議論を展開しました。

2017/05/31

矯正相談

矯正相談をよくうけています。矯正相談は無料で行っていますので、お気軽にお申し付けください。最近よく効かれる質問として、見えない矯正はないか?ということです。当クリニックが行っている矯正は、小学生から 中学1年生までが行う早期矯正治療と、成人矯正です。高校生以上の方からよく質問されるのが、先ほど述べたように、見えない矯正はないか?と良く質問されます。従来ブラケットと呼ばれる金属やセラミックスのボタンを歯に接着して、ワイヤーを使い歯を動かしていましたが、最近マウスピース矯正がアメリカを中心に普及しはじめました。日本では東京など大都市部で普及しはじめました。当院ではインビザラインというブランドを選択しています。インビザライン治療の利点は、先ほどの質問のように、見えない矯正と言っても良いのいですが、その他には違和感が少なく虫歯や口内炎になりにくいというメリットがあります。一方欠点としては、しっかり装着していただけないと効果がでないことがあります。治療期間はアメリカの学会での報告ではワイヤー矯正とマウスピース矯正は同程度ということです。ただ、状態によってはマウスピース矯正のみでは無理な場合もあり、ワイヤー矯正を一部行って状態をある程度改善したのち、その後の仕上げをマウスピース矯正で行うこともあります。矯正相談は随時行っております。

2017/05/9

託児サービスについて

当クリニックでは、小さなお子様対象に託児サービスを開始しました。平日17時まで、元幼稚園教諭 保育士がクリニック2階の託児ルームに待機しております。お母様に安心して治療をうけて頂くために治療時間に限り小さなお子様をお預かりするサービスを開始しました。託児サービスをご希望の患者様は受付までお気軽にお申し付けください。

2017/05/3

ゴールデンウイークの急患対応について

ゴールデンウイーク期間中における休診日の急患対応についてお知らせいたします。 ゴールデンウィークに歯の痛みがあった場合、本院が休診のため、朝日大学附属病院 歯科救急・急病センターで診療して頂けます。専用電話番号 058-329-1115です。まずは、お電話をして頂くとスムーズだと思います。親切に対応して頂けると思います。 よろしくお願い致します。

オンライン予約はこちら 当院ではお好きな時間に利用できるオンライン予約を提供しています。

このページの先頭へ