お知らせ

2017/11/21

院長のインビザライン治療

この度、私自身の歯ならびを自分で矯正することになりました。中学生の時にワイヤー矯正をしていたのですが、部分治療であったため、きちんと治っていませんでした。いつか再治療しないといけないと思っていて、今回インビザライン治療を開始しました。治療をうける患者さんと同じ体験をして、同じ感覚を味わうことは、臨床医にとって大変重要であると考えています。体験談をこのお知らせに順次のせていきたいと考えています。