お知らせ

2017/10/14

見えない矯正

お客様相手のお仕事をされている患者様からよく(見た目に解らない矯正治療はないのですか?)と最近よく質問があります。従来、金属のボタンを歯の表面に接着して、ワイヤーを使って歯を移動していました。金属はギラギラするため、当クリニックではセラミックのボタンを使用して治療することが多かったです。最近はさらに目立たず、近くでじっとみないとほとんど解らない、マウスピース型の矯正治療を行うことが増えてきました。マウスピース型矯正の特徴は、なんといっても、治療している時の見た目の良さにあります。他の大きな利点としては、痛みが少ない、歯肉炎や虫歯になりにくいといった利点があります。更に、治療前に詳細なシュミレーションを行って治療するため、治療後の予想がしやすいといった利点があります。当クリニックでは、インビザライン治療を行っていますが、今月より itero elementを導入し、従来型の型どりを行わず、光学デジタル印象により治療を行っています。治療前と治療後のシュミレーションを行い、説明をしっかりさせて頂きます。